友達になろう…親睦
奉仕活動と奨学金制度
例会について
卒業のない大学
権利と義務そして目的
あなたもロータリアン
ニコニコボックス
ア・ラ・カルト

クラブ概要
理事役員
クラブの歩み
歴代三役
バナーについて
例会場案内
トップページ>ロータリークラブの紹介


友達になろう…親睦/奉仕活動と奨学金制度例会について卒業のない大学

権利と義務そして目的
あなたもロータリアンニコニコボックスア・ラ・カルト

Next    

ロータリークラブの第一の目的は「親睦」です。
  新しい友を作り、友情を深めています。

1905年にアメリカで始まったロータリークラブの運動。当時荒れすさんでいたシカゴの町の弁護士ポールハリスが、「真の友人が欲しい。お互い心を許しあい、語り合える友を選んで親睦団体を作れないものだろうか」と考え、仲間を募って会合を持ったのがロータリーの始まりでした。
この運動は瞬く間に全世界に広がり、日本にも伝わってきました。
今日では世界中に120万人、日本だけでも13万人の会員を数えるほどになりました。川崎市内には21のロータリークラブがあり、約1000名の会員がおります。
会員は一業種一代表で構成…かつて選ばれて入会した私たち…川崎幸RCの会員たちは、多くの友人を持つことができました。しかもその新しい友人のなかには同業の方はいらっしゃらないというユニークなシステムになっていました。
もちろん入会当初は、一度に多くの友達を知り得たとしても、全部の会員と即座に友情を深めることなど至難の技。最初はほんの一握りの気のあった友との語らいから始まりました。
ロータリーにあっては各自の職業は尊重され、認識されます。
そのことを基盤として、親睦の輪が拡がり、友情の高まりがやがて「奉仕の心」を芽生えさせていったのでした。
ロータリーの目的が「親睦と奉仕にあり」となっていったのはこのことからなのです。


友達になろう…親睦/奉仕活動と奨学金制度例会について卒業のない大学

権利と義務そして目的
あなたもロータリアンニコニコボックスア・ラ・カルト